愛媛県四国中央市新宮町上山 中野地区で開催される、あじさい祭りのサイトです。二万株の紫陽花が咲き誇ります。

新宮あじさいグループの沿革

【中野お茶のみグループ 昭和48年~昭和63年】
昭和50年、この地に待望の中野農道が開通し、それを記念し集落十八戸の主婦による生活改善「中野お茶のみグループ」が、喜びを込めて沿道2kmに、二千株のあじさいを栽植した。
これを「あじさいロード」と名付け、今日の「あじさいの里」の出発点を築いた。

【中野あじさいグループ 平成元年~平成8年】
平成元年、「お茶のみグループ」からの事業を受け継ぎ、集落全住民による「中野あじさいグループ」が結成された。
あじさい五千株の増植と管理に努め、東屋の建設や、あじさい祭りを実施。
手づくりの地域観光資源として「あじさい園」に育て、その成果が認められ、平成八年、農山漁村高齢者対策優良活動地域最優秀賞として、農林水産大臣表彰を受ける。

【新宮あじさいグループ 平成8年以降】
新宮村上山地域を中心に協力者を募って「新宮あじさいグループ」に改組。広く地域ぐるみの活動に移行し、「あじさいの里」作りを目標に事業の展開を図る。
荒廃農地を活用し、3ヘクタールに一万株のあじさいを増植増園し、茶屋、休憩所、遊歩道、モノレール、等の施設を整備し、もみじの植樹も加え、今日の「あじさいの里」を完成させた。
「自然との調和・人々の融和」をスローガンに、地域づくり、人づくりを「あじさいの里」を通して達成しつつ、村落を守る努力を今も続けている。

尚、平成14年3月、あじさい園の増植増園を計り、竹林及び荒廃地1ヘクタールを整備追加し、現在、道路沿線及び本園4ヘクタールに二万株のあじさいが栽植されている。
この間、各組織に対し、新宮村より多大のご理解と、ご協力を頂く。

(平成14年3月建立の石碑より、転載)